FC2ブログ

シュートへの高い意識を持って臨む

2位以上を狙う戦いは激化。首位を狙い鹿島と名古屋が対決
2013Jリーグヤマザキナビスコカップは、早くも予選リーグ第5節を迎え、4月23日(火)、24日(水)に開催される。今節はAグループの磐田、BグループのC大阪と、首位に立っているチームの試合がなく、予選リーグ突破となる2位以上を目指す戦いはさらに激化しそうだ。2013Jリーグヤマザキナビスコカップは、早くも予選リーグ第5節を迎え、4月23日(火)、24日(水)に開催される。今節はAグループの磐田、BグループのC大阪と、首位に立っているチームの試合がなく、予選リーグ突破となる2位以上を目指す戦いはさらに激化しそうだ。

鹿島は県立カシマサッカースタジアムで名古屋と対決する。ともに勝点6のチームによる対戦で、勝てば同7のC大阪を抜いて首位の座を奪取できる重要な一戦。鹿島はどのようなメンバーがピッチに立っても、全員がシュートへの高い意識を持って臨むはず。名古屋はサイドの守備を引き締め、鹿島の攻撃力を制限することができるか。


ナビスコ杯名古屋戦のJリーグ公式によるプレビューである。
B組の首位であるセレッソの試合がないため、二位と三位である名古屋と鹿島の直接対決には注目が集まる。
鹿島としては、満男とヤスが出場停止であり、メンバーの変更が予想される。
チームのヘソとなるボランチのポジションには誰が起用されるのであろうか。
これまでの起用法を考慮すれば、ヒゲくんが第一候補であろう。
昨季も小笠原主将不在の穴を埋めてきた。
とはいえ、先週木曜日の紅白戦では岳の代わりにレギュラー組に入ったのは山村であった。
ここに来て、山村はトニーニョ・セレーゾ監督の信頼を勝ち取りつつある模様。
U-23日本代表にて主将を任された実績を我らに魅せる時やも知れぬ。
ヤスに対してはアツが土曜日の甲府戦にて試されており、可能性が高い。
また、ベンチに聖真を入れてくるであろうか。
それとも、赤?くんのベンチ入りの可能性もある。
誰が出ても鹿島は鹿島と名並に言わせしめた2003年のナビスコ杯を思い出すように、出場する選手は鹿島の誇りを胸に勝利を掴み獲って欲しいところ。
期待しておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク