FC2ブログ

名古屋戦プレビュー

【ヤマザキナビスコカップ 鹿島 vs 名古屋】プレビュー:決勝トーナメント進出に向けて負けられない試合。鹿島と名古屋が生き残りを懸けて雌雄を決する!(13.04.23)
チームによっては予選リーグもあと2試合。決勝トーナメント進出に向けた戦いは佳境を迎えつつある。Bグループは勝点3差に5クラブがひしめき合う混戦模様となり、今節は2位・名古屋と3位鹿島が直接対決で火花を散らす。混戦から抜け出すためにはどちらにとっても重要な戦いだ。
現在、Bグループは4試合を消化したC大阪が勝点7で首位に立つ。同じく4試合を終えて勝点6を得ている名古屋がそれに続く状態だ。3位の鹿島はまだ3試合と1試合少ない状況のため、ここで勝点3を得れば一気に首位に躍り出ることができる(C大阪は今節の試合がない)。一方の名古屋も敗れてしまうと新潟との対戦を残すだけとなり、決勝トーナメント進出は危うくなる。どちらにとっても絶対に落とせない試合だ。

注目は、やはり両チームのエースFWだろう。鹿島のダヴィは先のリーグ戦で甲府と対戦したばかりだが今回も古巣との対決となる。甲府からはゴールを奪えなかっただけに、今回こそは、元チームメイトの楢崎正剛から得点を挙げたいところだ。また、大迫勇也も復帰戦だった土曜の試合では、ボールが足にのらず、3本のシュートはいずれも思うような軌道を描かなかった。ただ、「次は大丈夫」と話していたように、試合勘も戻り、本来のプレーを見せてくれるはずだ。
対する名古屋もケネディが復活。頼れるエースはF東京を相手にさっそく持ち味を発揮し、左からのクロスを頭で合わせて先制弾を決めている。これまでも辛酸を舐めさせられた選手なだけに、岩政大樹、青木剛のセンターバックだけでなく、両サイドバックのフォローも重要になるだろう。

現在鹿島は公式戦5試合連続無敗と結果を残している。ただ、先のリーグ戦では、甲府を圧倒的に攻め立てたがゴールを決めきれず5連勝を逃してしまった。その内容に、トニーニョ・セレーゾ監督は選手たちに「下を向く必要はない」と自信を吹き込んでいる。
それは名古屋も同じかもしれない。公式戦8試合連続無敗を続けてきたが、F東京に3−1と完敗。ケネディの先制弾もむなしく相手に上回られてしまった。ケネディ復帰で攻撃力は戻ってきたが、逆に守備のバランスが崩れてしまったのは気になるところだろう。わずかな時間で戦術を修正することは難しいことを考えると、鹿島同様に、選手が自信を持ってこの試合に臨めるような監督のマネジメントが求められているはずだ。

また、鹿島はキャプテンの小笠原満男と2列目の遠藤康が、名古屋も田口泰士が出場停止のため、メンバー構成が少し変わる。鹿島は本田拓也とジュニーニョが機会を得ることになりそうだ。

以上

2013.04.23 Reported by 田中滋


注目はエースのダヴィと大迫と言えよう。
先日の甲府戦では二人が揃ってシュートを外しスコアレスに終えた。
これは観客もさることながら、本人たちはそれ以上に悔しい思いをしたように思う。
その鬱憤をこの名古屋戦にて爆発させて欲しいところ。
その二人にパスを送ることとなる中盤は小笠原主将に代えてヒゲくん、ヤスに代えてジュニーニョが入るとのこと。
出場停止の二人にはここで一休みしてもらい、この大物二人に活躍して貰いたい。
特にヒゲくんは出場機会が少なく、身体がウズウズしておるのではなかろうか。
深いタックルと鋭いフィードで名古屋から勝利をもぎ取るのだ。
楽しみである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク