FC2ブログ

岳の成長を目の当たりに

進境著しい鹿島の柴崎岳。豪快ロング弾でザックに猛アピール
2013.04.29
小室 功●文 text by Komuro Isao 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki



今季、チーム内での存在感が一気に増した鹿島の柴崎岳。代表入りの期待が高まる。

 近い将来、日本サッカー界を牽引するであろう「プラチナ世代(※)」のひとり、柴崎岳が輝きを増している。青森県の強豪・青森山田高から鹿島アントラーズ入りして3年目。スタメン定着はもとより、今や「チームの顔」といっても差し支えないほどの働きぶりだ。
※2009年U−17W杯に出場した世代。宇佐美貴史(ホッフェンハイム)、宮市亮(ウィガン)、高木善朗(ユトレヒト)らがいる。

 トニーニョ・セレーゾ監督も、柴崎の成長には目を細めている。
「機動力があり、ダイナミックなプレイができるし、何より技術がしっかりしている。あの年齢にしては驚くほど冷静にボールをさばけるのが特徴だ。これまでに自分で撒(ま)いてきた(成長のための)種を、自分の力で刈り取っている段階。今後もそれを継続してほしいし、今まで以上のパフォーマンスを期待している」

 4月27日、Jリーグ第8節のアルビレックス新潟戦。鹿島は3−2で勝利して、4位に浮上した。この試合の突破口を開いたのも、柴崎だった。前半6分、ブレ球の強烈なロング弾を叩き込んで先制ゴールを奪った。

「ボールを受けてからシュートを打つまでのプロセスはイメージどおり。GKが前に出ているのはわかっていたので、思い切って狙った。ただ、何度も打てるようなシュートではないし、(ブレ球を)意識して蹴ったわけでもない。決まったのは、偶然という部分もある」

 およそ35mの距離から、目の覚めるような一発を決めておきながら、こんなふうに淡々と振り返っていたのが、何とも柴崎らしい。

 弱冠20歳ながら、その落ち着き払った立ち振る舞いから「まるでベテラン選手のようだ」と評される。ひと言でいえば、クール。試合の主導権を相手に握られ、苦しい時間帯がどんなに続こうと、たとえピンチに立たされようと、慌てず、騒がず、動揺した素振りを見せることはない。動揺してしまうときもあるだろうが、それを一切顔に出さないのだ。

だが、ポーカーフェイスに隠された、たぎる思いには並々ならぬものがある。昨年12月3日に行なわれたJリーグアウォーズでベストヤングプレーヤー賞を受賞した際、「この賞に値する選手はゼロ人。それは、自分も含めて」と言って、周囲を驚かせた。

 世界に目を向ければ、ミラン(イタリア)のエル・シャーラウィやレアル・マドリード(スペイン)のバラン、サントス(ブラジル)のネイマールなど、20歳前後の選手が世界のトップレベルで強烈な印象を残している。それに比べて、自分はそこまでの活躍を示せていない、というじくじたる思いから出た言葉だろう。

 柴崎の視線の先には、いつだって世界がある。
「彼らに、一歩でも近づくような選手にならなければいけない」とキッパリ。選手としての志の高さを垣間見せた瞬間でもあった。

 鹿島では攻撃的MFや右サイドバックでの起用も少なくないが、本職はボランチだ。「自分はスピードがあるわけでもないし、パワーがあるわけでもない。違うところで勝負しないといけない」と語るとおり、プレイヤーとしての基盤となっているのは、紛れもなくスキルとインテリジャンス、そして運動量に他ならない。

 試合中の柴崎を追って見ていると、「止めて、蹴る、そして走る」といった、いたってシンプルなプレイの連続であることに気づかされる。ただ、それが実に質が高いのだ。だからだろう、バルセロナ(スペイン)のシャビのプレイスタイルを引き合いに出されることが多い。

 堅実さが優先されるポジションゆえ、周囲に衝撃を与えるようなプレイ機会はそうめぐってこない。だが、昨年11月のナビスコカップ決勝で2得点を挙げ、大会連覇に貢献したことは記憶に新しい。文句なしのMVP獲得だった。

 もちろん、課題もある。中盤でボールを散らし、攻撃のリズムを作るだけではなく、ゴールに迫る回数をいかに増やせるか。得点なり、アシストなりに、どうかかわっていけるか。彼自身、意識しながら取り組んでいる。

 柴崎は、確かな成長曲線を描いている。こうなると「日本代表入り」を推す声が日増しに高まっていくのも自然だ。
「代表チームは、常に目標となる場所。選手である以上、もちろんワールドカップに出てみたい」と、本人も公言してはばからない。

 昨年2月、初招集されたものの、その後はお呼びがかかっていない。ザッケローニ監督のここまでのチーム作りからしても、ボランチの序列が劇的に変わるのは予想しにくいが、今季はここまでリーグ8戦フル出場、2得点と気を吐いている柴崎。一度くらいチャンスを与える材料は、十分過ぎるほどそろっているはずだ。


早速、土曜日の活躍で岳の記事を興すスポルティーバである。
新潟戦では観客の度肝を抜くロングシュートで大きくアピールしたが、岳の成長はこの日に始まったわけでは無い。
レギュラーに抜擢されて以来、日進月歩で進歩を続けておる。
スタジアムで岳のプレイを目の当たりにするたびに、岳が鹿島でプレイする日々はそう長くはないであろうと思い知らされる。
岳ほどの才能を極東の地に留めておくことは難しい。
いずれ巣立っていくことは明白である。
それまでに多くの歓喜を我らに与えて欲しい。
岳の躍動を拝みにまたスタジアムに通う。
楽しみである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク