fc2ブログ

大迫、近い将来の欧州移籍

英記者が日本代表に言及…山口、大迫、齋藤の欧州移籍を予想

英記者が日本代表の戦いぶりを称えた [写真]=Getty Images

 日本代表は28日、東アジアカップ2013の最終戦で韓国代表と対戦。2−1で競り勝ち、勝ち点を7として、大会初制覇を果たした。セレッソ大阪のFW柿谷曜一朗は、大会通算3ゴールで得点王を獲得した。

 イギリスメディア『ESPN』のクリス・アトキンス記者が、31日付けの記事で日本代表を称賛し、今後を展望した。

 アトキンス記者は、「日本のサッカーは上昇気流にあり、国内リーグにおけるテクニックのスタンダードは急速に向上している。マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルは、日本でプレシーズンマッチを行ったが、厳しいテストにさらされた。両チームともに、東アジアカップに多くの代表選手を送り出していたにも関わらず、である」と述べたうえで、「そして東アジアカップでは、海外組不在の中、おそらく国際経験が最も浅い選手たちで構成されたチームで臨んだにも関わらず、優勝を果たした。彼らは選手層の厚さを見せつけた」とコメント。Jリーグクラブの所属選手のみで臨んだ、日本代表の東アジアカップ制覇を称えた。

 そして同記者は、得点王の柿谷を「Jリーグに在籍する最高の選手」と伝え、「柿谷は1年以内に移籍するのではないかと見られている。それに続いて、1990年生まれの(セレッソ大阪の)山口螢、(鹿島アントラーズの)大迫勇也、(横浜F・マリノスの)齋藤学らも続くのではないか」と、日本人選手の海外移籍の可能性を展望している。


大迫の海外移籍を予想する英国のクリス・アトキンス記者である。
東アジア杯での日本代表の活躍を称賛し、その裏で戦った欧州クラブとのプレシーズンマッチに於ける日本人選手のクオリティの高さを褒めておる。
今大会で活躍した選手の中から欧州に渡るものが出てくると予測し、そのひとりとして大迫が挙げられておる。
それは、我らも予期しておること。
いつまでもドメスティックな選手で終わる器ではない。
いずれ大きな世界へ飛び出していくであろう。
そのきっかけとして、この東アジア杯の2ゴールが歴史に刻まれることとなるのであろう。
とはいえ、大迫にはまだ鹿島で成すことがある。
中心選手として獲り得るタイトルが残っておろう。
それを成し得てからでも遅くはあるまい。
大迫と共に歓喜が味わえる時間は限られておる。
多くの声援を送り、大迫のゴールを後押ししたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク