fc2ブログ

筑波大学・赤?くん、大学サッカーについて

I PLAY FOR… 〜大学サッカー・ゲキサカ連動企画〜 by  
13/11/29 16:00



Vol.1 筑波大学FW 赤崎秀平「大学サッカーの価値を上げていくことが必要」
by  
 12月14日に全日本大学選手権(インカレ)が開幕します。ゲキサカでは大学サッカー連盟と合同でコラム企画を実施。インカレに携わる人達の思いを全10回で掲載します。第1回は来季J1鹿島アントラーズへの入団が内定している筑波大FW赤崎秀平(4年=佐賀東)選手です。


I play for...『ゴール』
【理由】試合中は点を取ることを意識しているので、『ゴール』にしました。出ている試合でゴールをしてチームを勝たせるということが、自分の役割でもあると思います。


―そもそもサッカーを始めたきっかけとは?
「近所の年上の友達がサッカーをやっていたので、遊びの延長で始めました」

―大学までサッカーを続けてきた理由とは?
「大学まで続けてきたというよりも、自分はサッカーをするために大学を選びました。きっかけは遊びの延長でしたが、やっているうちにどんどん楽しくなってきました。自分自身の成長にも繋がるし、サッカーを通して色々な人に出会うこともできている。ゴールもそうですが、色々なことに楽しさを感じられたから続けてこられたんだと思います」

―高校卒業時、Jリーグではなく大学サッカーを選んだ理由は?
「最初はどこの大学が強いのかも知りませんでした。教員免許が取りたいというのと、関東の1部でプレーがしたいというのがあって筑波大学を選びました」

―大学サッカーと高校のサッカーの違いは、どのようなところですか?
「高校は毎日授業があって、朝と放課後に練習をするというサイクルでした。大学だと毎日授業があるわけではなく空いている時間も増えるので、その空き時間をいかに有効に使うかだと思います。1日をサッカー中心の生活にするために、自分で色々と考えるというのが高校と大学の違いだと思います」

―来季からJリーグへと活躍の舞台を移しますが、Jリーグと大学サッカーの違いはどのようなところですか?
「高校サッカーやユースからすぐにJリーガーになった人を見ると、厳しい環境の中で自分たち以上にシビアな部分を持ってやっていると思います。でも、自主性を身に付けることができて、裏方の人たちのお陰でサッカーができているという感謝も感じられるのは大学サッカーの良いところだと思います」

―大学サッカーの魅力とは?
「筑波大学の場合、学生が主体でサッカー部を運営しています。あまり先生が口出しをしないというのは高校との違いだと思いますし、その学生の中でも試合に出る人もいればサポートをしてくれたり、学連で試合を運営してくれている人もいます。こんな色々な形でサッカーにアプローチしている集団はなかなかないと思いますし、そういう色々な人たちと 関わって話をすることで考え方も膨らんで、人の幅も広がりやすい環境だと思います。みんな試合に出たくてサッカー部に入ったわけですが、実際に試合に出られるのは11人で、トップチームも20人くらいです。それ以外のメンバーは、毎日の練習を頑張りながらトップチームのために仕事をしてくれています。そういう人たちのためだけではないですが、「裏方の人のためにも、彼らが満足してくれるようなプレーをしないとな」という想いは1年間ありました」

―赤崎選手にとってインカレとは?
「インカレは高校生の時の選手権に比べると認知度は低いし、関東リーグにしてみてもメディアの露出も観客も少ないと感じています。その中でも試合に出ている選手や、学連の方々は明 確な目標を持ってインカレという全国大会に向けて取り組んでいると思います。僕たち選手は関東以外の地方のチームと試合ができるのを純粋に楽しみにしている部分もありますが、インカレは関東の学連だけではなく全国の学連の人たちが作り上げるものだと思うので、そういう意味でも大学生にとって大切な大会だと思います。今後もっと発展させていかないといけない大会だと思います」

―子供たちにとって大学サッカーとはどんな舞台であるべきでしょうか?
「進路を選ぶ高校生にとって『Jリーグ』と『大学サッカー』のどちらも選べるレベルまで上げるのがベストだし、その中で「大学サッカー」を選ぶのは非常に価値のあることだと思います。でも、ほとんどの人が大学サッ カーしかないような状況で大学サッカーを選んで続けていくのでは、これまでの大学サッカーと変わらないと思いますし、大学サッカーの価値を高めるためにも、そういうレベルの高く選択肢のある選手をいかに大学サッカーに取り込んでいくのか、だと思います。大学サッカーを卒業する僕たちがもっと活躍して、大学サッカーの価値を上げていくというのがこれから必要なことだと思います」

●赤崎秀平
佐賀東高校卒業時、Jからのオファーを受けるものの筑波大へ進学。今年7月に行われた第27回ユニバーシアード競技大会では得点王に輝いた、大学サッカー歴代最多得点のエースストラーカー。最終学年である今季、インカレの出場が決まっている。卒業後は鹿島アントラーズへ活躍の場を移す。

(協力 全日本大学サッカー連盟)


大学サッカーについてインタビューに応える赤?くんである。
彼が高校卒業時に即プロの道を選ばなかったことは正解だった模様。
そのおかげで縁あり鹿島入団となった。
大学サッカーで得た経験を次はプロにて披露して欲しい。
期待しておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク