fc2ブログ

大迫、残留か移籍かについて「まだ話せない」

大迫「よく考えて決断」 J1鹿島
移籍問題、態度保留

海外移籍に絡む去就が注目されるJ1鹿島の日本代表FW大迫勇也(23)は28日、クラブハウスで取材に応じ、残留か移籍かについて「まだ話せない。いろんな人と話して、よく考え…

移籍問題に対して口を開いた大迫である。
「よく考えて」とは語っておるが、移籍に対してかなり心が傾いておるように感じる。
個人的には、W杯を半年後に控えた現段階にて環境を変えるのはリスクが大きい。
思い起こせば、8年前の2006年にドイツW杯を目指し鹿島に帰参した柳沢敦の例もある。
結果的に彼は鹿島の医療技術もあり、骨折を短期間で回復させ2大会連続で大舞台のピッチに立った。
この先例を出すまでもなく、鹿島という日本屈指の好環境をこの時期に変えるのはお勧めしかねるとしか言いようがない。
とはいえ、プロとしてサッカーを生業としている者として、外部からの声にそう易々と耳を傾けるものでもあるまい。
ここは、偉大なる先輩である小笠原満男や中田浩二に助言を求めて欲しいところ。
彼等がもし、この時期であっても行くべきと言うのであれば、それは尊重すべきではなかろうか。
逆に少しでもネガティブな要素があるというのであれば、そのリスクは犯すべきでは無いのと思われる。
ここで下す大迫の決断は、この先のサッカー選手人生に大きく影響を及ぼす。
熟考して結論を出して欲しい。
それが、如何なるものでも我らは受け入れよう。
大迫の良い決断を待っておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク